DOOR

ソトとナカのモノやコト

ランドスケーププロダクツの「Pot」は、塊根植物をよりオシャレにしてくれる植木鉢。

 

たまに観葉植物を購入しますが、その時に必ず鉢植えに悩まされます。

せっかく好きな観葉植物を購入しても、鉢植えがカッコ悪いとテンションが上がりません。

でも、カッコいい鉢植えって意外と見つからないんです。

だからこそ、見つけたときには後先考えず購入してしまう自分がいます。

このランドスケーププロダクツの植木鉢、Potもまさに衝動買い。

f:id:kirinjiboy:20200510085250j:plain

表情のある黒です

 

どんな植物にも合いますが、塊根植物との相性がいいです。

ちなみに、塊根植物とは根っこが太く育つ植物です。

イメージはバオバブですね。

 

 

Potとは

概要

名前と同様に、とてもシンプルな植木鉢です。

ランドスケーププロダクツのオリジナルの植木鉢で、信楽のNOTA&designとの共作です。

ちなみに、ランドスケーププロダクツとは、中原慎一郎というデザイナーの方が率いるデザインチームです。

1940年~60年代の古き良きデザイン、基本的にはミッドセンチュリーを生かしたデザインが特徴です。

 

仕様

商品名 Pot
素材 陶器
Sサイズ φ180 x h144 mm
Lサイズ φ260 x h208 m
カラー ブラック/ホワイト
価格 S/4000円 L/8000円

 

特徴

素焼きの鉢ということで、通気性が良く、根腐れがしにくいので、どのような植物にも比較的相性が良いです。

また、デザインはシンプルで主張がなく、植物とのコーディネートの幅が広いです。 

f:id:kirinjiboy:20200510085440j:plain

排水の穴はこんな感じ

 

 

メリット

機能面で塊根植物との相性が良い

素焼きの植木鉢は、基本的にどのような植物とも相性が良いですが、なかでも相性が良いのは、塊根植物です。

素焼きの特徴は、通気性、吸水性、排水性です。

わかりやすく言うと、土の水はけが良いということですね。

塊根植物にとって、この水はけの良さというのはとても大事です。

そもそもが乾燥した土地を好む、この植物。

もちろん、水やりは必要ですが、いつまでも土が湿っているのは根腐れの原因になったりもします。

だからこそ、水はけの良いこの植木鉢は、塊根植物にとても相性が良いです。

 

デザイン面でも多肉植物や塊根植物との相性が良い

鉢の幅自体は大きいですが、高さはそれほどでもありません。

こういう鉢に合うのは、横に大きい植物。

そう、まさに幹が太く、背が低い塊根植物にうってつけ。

f:id:kirinjiboy:20200510214759j:plain

アデニウムはホームセンターでも見かけます

 

こんな感じで、塊根植物としてはありきたりなアデニウムも見違えます。

 

 

デメリット

受け皿がない

この商品、受け皿がありません。

出来れば一緒にセット販売して欲しかった…。

むしろ別売りでも買うからって感じです。

今は、どこで見つけたかわからない受け皿を使っています。

f:id:kirinjiboy:20200510215127j:plain

なんかちょうどいいのを見つけたい


 

まとめ

植物も大事ですが、鉢も大事。

どんなにカッコいいポスターも、フレームで台無しになってしまうものです。

ちょっと値段はしますが、シンプルでカッコいい鉢って意外とないので、おススメします。