DOOR

ソトとナカのモノやコト

ヒューナースドルフのフューエルカンプロは、オシャレだけど…。輪ゴムで灯油漏れを対策。

 

アラジンのブルーフレームヒーターを購入したので、オシャレな灯油缶が欲しくなり、ヒューナースドルフのフューエルカンプロを購入しました。

ヒューナースドルフの画像

オシャレだけれども…

ハッキリ言って、見た目重視の機能性に乏しい商品なので、上手な付き合い方が必要です。

 

 

 

ニューナースドルフとは

概要

ドイツのヒューナースドルフ社による灯油缶です。

ガソリンを携行するのに使用してはいけませんが、灯油をはじめ、軽油やホワイトガソリンを入れることも出来ます。

カラーや、サイズ展開が豊富なので、用途にあった使い方が出来ます。

 

仕様 

商品名 ヒューエルカンプロ 5L
サイズ H247×D265×W147㎜
重量 540g
容量 5L
素材 ポリエチレン
価格 約2000円

 

特徴

ノズルを本体に収めることが出来るので、持ち運びするときに楽です。

また、キャップには特殊なロックがかかっているので、開けるときにコツがいります。

海外のキャップ付きの製品によく見かけますね。

子供がこのキャップを開けようとしても、簡単には開けることは出来ません。

 

 

メリット

日本の灯油缶にはないデザイン性

見た目がカッコいいですね。

アウトドアっぽさや、軍モノっぽさが男心をくすぐります。

ホームセンターとかで見かける、赤や青のポリタンクとは一線を画しています。

もちろん、物置などに置いて、一目につかないなら、ホームセンターのポリタンクでもいいかもしれません。

ですが、例えばキャンプ等、ひとめにさらされるときには、やはり見た目がいいモノを使いたいところ。

そんなとき、オシャレなヒューナースドルフがうってつけです。

ヒューナースドルフの画像

これが赤とか、青だったらとても目立ちそうです…

 

ノズルが奇麗にしまえる

これは、メリットなのかデメリットか難しいところですが、付属のノズルが奇麗にしまえます。

普通に考えたらメリットですが、使った後にしまうと、中に残った灯油が垂れてくるので、デメリットととも言えます。

自宅で使う分には、このノズルは正直使えません。

絶対に、床にこぼれるので、ホームセンター等で売ってるポンプを使う方が無難です。

ただ、私のようにキャンプ専用で使う分には、灯油が垂れても困らないので、キレイに収まるノズルはメリットになります。

 

ちなみに、アラジンのブルーフレームヒーターの給油口にもピッタリのサイズ感です。

ヒューナースドルフの画像

給油口にピッタリです

 

 

デメリット

ノズルと本体の接続部分から、灯油が漏れる

アマゾンや、楽天の口コミにも書いてあることですが、ノズルと本体の接続部分から灯油が漏れます。

私自身、使ってみましたが、どれだけきつく締めても、じんわりと灯油が染み出します。

ドイツの方はこれを許せるのか、疑問です。

染み出させないには、他ブログで拝見した方法だと、水道用のパッキンを使うことで、漏れを防ぐことが出来るみたいです。

ただ、先ほども書いたようにこのノズル自体に灯油が残るので、そもそも私はキャンプ以外ではこのノズルを使いません。

ですので、私はこのノズルを年に数回程度しか使わない訳です。

そんな使用頻度で、パッキンを買うのもなんだか悔しいので、苦肉の策として輪ゴムを巻いてみました。

ヒューナースドルフの画像

下の方に巻くと、このままキャップも締めれます

輪ゴムはちぎれちゃいますが、灯油は全然もれません。

私のように、このノズルの使用頻度が低い方は、輪ゴムで十分です。

 

 

まとめ

正直、使い勝手には疑問が残る商品です。

ただ、見た目は抜群にカッコいいですね。

どれだけ使がってが悪くても、人目のある場所で、赤や青のポリタンクは使いたくない、という方は買って損はしないと思います。