DOOR

indoor and outdoor

観葉植物の「エバーフレッシュ」は寝たり起きたりがかわいい。

 

いろんな観葉植物を少しずつ集めたいと思っていますが、そろそろ大型の観葉植物が欲しいところです。

ただ、大型のって高いんですよね。

1万円とかザラにあります。

なかなか手が出ません。

そこで、小さいものを買って大きく育ててみることにしました。

新たに仲間入りしましたのは、エバーフレッシュです。

エバーフレッシュの画像

新たな仲間です

頑張って大きくしてみようと思います。

 

 

エバーフレッシュとは

エバーフレッシュとは、ボリビアが原産のマメ科の植物です。

和名はアカサヤネムノキと言います。 

ネムノキの名前の通り、夜になると葉が閉じます。

また、アカサヤと言うように、赤い鞘のような実をつけます。

 

自生地では30メートルにもなるようですが、鉢植えだと大きくなっても2メートル程で、大型観葉植物としてはちょうどいいです。

 

育て方 

日当たりのいい場所を好みます。

寒さに強くはないので、夏は屋外でも良いですが、冬は屋内に入れる必要があります。

夏は、土が乾いたらたっぷりと水をあげて、冬は土が乾いても、少し間をおいてから水やりすると良いようです。

また、1日1回は葉っぱに霧吹きで水をかけてあげる、葉水の必要があります。

葉水をすることで、葉の健康維持はもちろん、害虫などの心配もなくなるようです。

 

あと、新芽というか、成長するときの枝が茶色いので、枯れたと思わないように気を付ける必要があります。

 

 

ここが良い

かわいい

見た目がオシャレなことは言うまでもないですが、なにしろかわいいです。

なにがかわいいって、夜に葉っぱを閉じて、朝に歯を開くのがかわいいです。

植物って基本的に動かないし、成長するのも遅いので、目に見える動きがあるととてもかわいく感じます。 

アデニウム・アラビカムの画像

本当に寝てるみたい

 

意外と珍しい?

珍しいのかわかりませんが、店頭でほとんど見かけないですね。

ホームセンターでは全く見かけませんし、園芸店でも1回しか見ませんでした。

ただ、1万円程します…、手が出ない…。

 

意外なところで見かけたのは、無印良品。

かなりの大型のエバーフレッシュが置いてありました。

価格が2万円なので買えませんでしたが…。

 

結局、店頭に価格の抑え目なエバーフレッシュがなかったので、ネットで買いました。

 

なかなか手に入れるのに苦労したエバーフレッシュですが、よく見る観葉植物よりも、あまり見かけない観葉植物のほうがオシャレな感じがしませんか?

なんか珍しいってだけで、価値があるような…。

本当に珍しいかはわからないですが…。

 

あまり見かけない植物を育ててるっていう雰囲気に酔ってしまう私です。

 

 

ここが悪い

育てるのが少し大変?

葉に霧吹きする、葉水をしなくてはいけないんですが、その葉水が1日に1回必要なようで、ちょっとめんどくさいです。

また、霧状と言っても床に水が落ちる心配が…。

まだ小さいときは、キッチンやバスルームで葉水をすればいいですが、大きくなってからはどうしようかと今から考えています。

 

 

コーディネート

実はテレビ台の横に置きたいと思っていますが、いかんせんまだまだ小さい…。

エバーフレッシュの画像

鉢を入れても50㎝ないです

早く大きくなって欲しいところです。

 

 

まとめ

まだまだ小さいですが、大型の観葉植物は初めてです。

成長すると樹形とかも考えないといけませんが、今から楽しみです。