DOOR

ソトとナカのモノやコト

スノーピークのアフターサービスを試す。「ローチェア30」を修理に。

 

キャンプもオフシーズンに近づいてきたということで、キャンプ道具のメンテナンスをしてみようかなと思います。

特に普段から使っているアウトドアチェア達なんかは、色々チェックした方が良さそう。

 

そこで日頃お世話になっている、スノーピークローチェア30をチェックしてみました。

ローチェア30の画像

ローチェア30です

なんともないように見えましたが、座面下が破けていることに気づきました…。

ローチェア30の画像

むしろ、ほつれてる?

買って一年そこらでこんなことになろうとは…。

 

普通の商品ならここでめちゃめちゃに叩きますが、そこはアフターサービスに定評のあるスノーピーク。

私自身、修理の手厚さに惹かれて、スノーピークの商品を買っている部分がおおいにあるので、本当の力を見せてもらおうかと言わんばかりに、修理に出してみました。

 

※2018年11月21日に公開した記事ですが、必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年9月1日に再度公開しました。

 

 

修理の申し込み方法

まずは、ネットでの申込みが必要です。

その為にも会員登録が必須ですよ。

ec.snowpeak.co.jp

 

自分で送るか、集荷してもらうか、店頭に持ち込むかを決めないといけませんが、私は集荷を選びました。

 

なんでかというと、店頭に持ち込もうと思って電話したら、

「もちろん出来ますけど、ちょっと時間がかかりますよ。」って言うんですよ…。 

なんで時間かかるの?スノーピークは受付方法で修理する順番を変えるの?

まったく不明なんですけど、暗に断られてるのかなと思って、やめちゃいました。

スノーピークの正規店じゃなくて、あくまでも取り扱い店舗だったからかもしれません。

けど、そこで買ったんだから、もっとお客さんを気持ちよくしてよって感じです。

 

 

集荷してもらう

佐川急便の方が集荷に来てくれました。

スノーピークからの指示はありませんが、それなりに梱包しておく必要があります。

いまさらですが、購入したときのダンボール箱を取っておくべきだった…。

 

ちなみに必要なものは、梱包した品物と、エントリーシートです。

このエントリーシートは、修理受付後に印刷するよう指示されます。

自宅に、プリンターがない方はちょっとめんどくさいですね…。

 

 

集荷後の動き

集荷後は、スノーピークからの連絡を待つことになります。

私の住んでいるところは北海道ですが、2~3日後にはスノーピークからの連絡がありました。

内容としては、「商品が無事到着しました。修理の詳細が決まり次第連絡します。」というもの。

佐川さんがしっかり届けてくれました、仕事が早い。

 

ここから、スノーピークが修理内容を確認するわけですが、はっきりいって1年そこらで破けたイスを、スノーピークがどう扱うのかということです。

 

果たして無料で修理してもらえるのか。

それとも、有料になるのか。

有料だとしても、どれくらいの料金なのか。

 

スノーピークの力が試されます。

 

 

修理からの帰還

最初のメールをもらって2~3日後、無事、スノーピークのローチェア30が帰ってきました。

ハッキリ言ってこんなに早く帰ってくるとは思わなかったです。

 

結論を先にいうと、無償です!

しかも、新品交換!

ローチェア30の画像

もちろん箱付きでしたよ

 

 

なんか、新しい買い物したみたいでテンション上がります。

ローチェア30の画像

新品なんで当たり前ですが、パリパリです

新品なんで当たり前ですが、裏の破れはありません。

ローチェア30の画像

お見せするまでもありませんが…

ちなみに、スノーピークからのメールによると「縫製不良」ということでした。

初期不良的な感じで、無償交換になったのでしょうか。

 

 

まとめ

必ず、無償修理や新品交換になる訳ではないとは思いますが、スノーピークの保証の厚さを実感することが出来ました。

また、スノーピークの製品にはそもそも保証書が付いていませんが、それもアフターサービスに自信があるからこそだと思います。

 

比較的高い製品が多いスノーピークですが、長い目で見ればそうでもないかもしれません。