DOOR

indoor and outdoor

-RECOMMEND-
-ENTRY-

DAVADAの格安寝袋のスペックは真実なのか。気温5度まで耐えられるその実力はいかに。

 

今年から始めたファミリーキャンプですが、思えば色々なものを購入しました。

基本的に、よく目に触れるものはイイものを、あまり目に触れないものはとりあえず安いものを、という考えで買い物をしました。

はい、カッコつけるのが好きなんです…。

 

そんなカッコつけのしわ寄せを一番に直撃したのが、寝袋。

寝袋って基本的に人に見られませんし、自分も寝るときに使うだけですから気にならないんですね。

まぁ、もっと言えばカッコいい寝袋、オシャレな寝袋とかもあるのか疑問ですから、ここぞとばかりに安物の寝袋を購入しましたよ。 

知る人ぞ知る、DABADAの寝袋です。

4つ買っても8000円と、驚きの安さですが、実際に寝袋として使えるのか試してみました。

寝袋の画像

実力が試されます


 

 

DAVADAの寝袋とは

紹介

封筒型の寝袋です。

繋げると、2人一緒に入ることが出来ます。

 

スペック

商品名 DABADA 封筒型 寝袋
サイズ 185×80cm(ファスナー開放時 185×160cm)
重さ 1280g
素材 表裏:ポリエステル 中綿:ホローファイバー
ブルー/ブラック/オレンジ
適応温度 5℃(2枚重ねの場合ー7℃)
適応シーズン オールシーズン
価格 2つセットで約4000円

1枚でも5℃、2枚重ねだとー7℃までも耐えれるということなので、相当な自信が伺えます。

 

 

ここが良い

もう、とにかく安い!

それしか言えません。

家族4人分買っても10,000円で、おつりがきます。

 

むしろ、良いのはこれだけかも…。

 

封筒型は繋げられる

この寝袋が良いっていうよりも、封筒型の寝袋が良いって話なんですが、寝袋同士を繋げることが出来るのでとても便利です。

 

このように寝袋を開いて、2つ重ねてチャックで繋げることが出来ます。

寝袋の画像

手書きですいません

まだベッドで1人で寝れない子は、キャンプのときでも寝袋に一緒に入ってあげる必要があります。

ただ、いくら子供が小さいと言えども、大人一人用の寝袋に入って寝るのは窮屈です。

そのてん、封筒型の寝袋は繋げて大きくすることが出来るので、子供と一緒に寝ても窮屈じゃありません。

 

あとは、新婚とかラブラブのカップルも良いかもしれませんね。

私には関係ありませんが…。

 

 

ここが悪い

気温5℃は無理

結論から言うと、気温5℃では全く使い物になりませんでした。

 

先日、コチラの記事にも書いたようにソロキャンプに行ってきました。

その時の夜の気温は5℃でしたが、この寝袋ではまったく太刀打ち出来なかったです。

まぁ、なんとなく予想はしていたので、寝袋を2枚持っていってロールケーキのように重ねて使いましたが、それでもギリギリでしたね。

ちなみに、その時はフリースをガッチリ着込んでいました。

 

1枚で5℃は多分無理だろうと思っていましたが、2枚でもギリギリ、いやむしろアウトな感じには、正直驚きました。

マイナス7℃の自信はどこからきたのか…。

 

 

まとめ

安かろう、悪かろうのつもりでしたが、「まさかここまでとは…。」って感じです。

 

ただ、キャンプシーズンの暖かいときに使う分には、何の問題もありません。

春から秋の比較的暖かいときに、ファミリーキャンプをするって方には、十分な商品ではないでしょうか。

そもそも、寒いときにファミリーキャンプする人少ないでしょうしね。

 

色々ネガティブなことも言いましたが、私自身の用途も上記のような感じなので、それなりに満足はしています。