DOOR

indoor and outdoor

キャンプ道具のメンテナンス。スノーピークのテントとグランドシートを乾かす。

 

キャンプシーズンも終わり、キャンプ道具を使う場面が格段に減ってきました…。

しかし、こんな時だからこそ出来ることがあるはず。

せっかく買ったキャンプ道具なんで、このオフシーズンにはキャンプ道具のメンテナンスをしたいと思います。

まず、最初のメンテナンスはグランドシートとテントです。 

ちなみに、スノーピークエントリーパックTTマットセットです。

f:id:kirinjiboy:20181102214203j:plain 

 

ソロキャンプに行ったときに濡れてしまった、テントとグランドシートを乾かしたいと思います。

www.sokonoasai.com

 

 

はじめに

テントやグランドシートって雨はもちろん、秋口は結露で濡れちゃうこともあります。

私は、結露でベチャベチャになったんですが、なにしろ地面の草もベチャベチャだし、朝に撤収してると太陽がないしで、全然乾きません。

しかも、ソロキャンプだから1人で畳まなきゃいけないんですけど、1人だと水気も切れないんですよね。

仕方なく、ベチャベチャのまましまっちゃいました…。

先日、そのことを思い出して袋から出してみると、まだ全然ベチャベチャ!

f:id:kirinjiboy:20181102214232j:plain

このままだとカビが生えちゃうこともあるようなので、乾かさないといけません。

 

実は、スノーピークではテントのクリーニングサービスをしています。

ec.snowpeak.co.jp

これ便利ですよね。

すぐ申し込もうと思いましたが、どうやらお金がかかるみたい。

どれどれ、私のエントリーパックTTは…、7500円!

高っ!なんか買えるじゃん!

 

しかしまだ希望は捨てません。

エントリーパックTTはタープとテントのセットですが、タープはソロキャンプで使ってないので、実は乾かすのはテントだけです。

このテントは単品だとヴォールトと言いますが、ヴォールト単品だともっと安いはず。

どれどれ…、えーっと。

単品でも6000円…。

 

スノーピークは何でも高いと思いながら、自分で乾かすことを決心しました。

 

 

乾燥開始

ますはグランドシート

グランドシートはテントと地面の間に敷く、レジャーシートみたいなものです。

直接地面にふれていますから、もうベチャベチャ。

f:id:kirinjiboy:20181102214835j:plain

早速、ドライヤーとキッチンペーパーで乾かしていきます。

f:id:kirinjiboy:20181102214857j:plain

室内でやったので、新聞紙を敷きまくりです。

 

やってみると思ったより乾く!

開始15分で完全に乾燥させることが出来ました。

f:id:kirinjiboy:20181102214934j:plain

  

難敵ヴォールト

お次はヴォールトですが、これも結構ベチャベチャ。

でもグランドシートと違って、地面には触れていませんから、そこまで濡れてません。

これは結構はやく終わるかも。

f:id:kirinjiboy:20181102215003j:plain

 

……。 

アレー?

全然終わんないんですけど。

 

あっ、わかった。

これデカいんだわ。

 

気付くの遅いよって感じですが、なんだかんだ30分かかりましたよ。

疲れた…。

 

 

まとめ

このあと畳んだり、新聞紙片づけたりで、なんだかんだで1時間かかっちゃいました。

でも、すごい充実感です。

やることやったなーって感じですよ。

 

せっかく買ったキャンプ道具ですから、これからも大事に使って行こうと思います。