DOOR

indoor and outdoor

オンウェーのコンフォートローチェアは座り心地抜群。山渓とのコラボ版。

 

ファミリーキャンプの為に色々な道具を揃えるなか、オンウェーコンフォートローチェアを購入しました。

コンフォートローチェアの画像

オンウェーのコンフォートローチェアです

コチラの記事でも書いたとおり、以前スノーピークのローチェア30を購入しましたが、実はまだイスが必要です。

ただ、もう一脚ローチェア30を買うのもなんだかなぁって感じです。

どうせなら、いろんなイスに座ってみたいですしね。

別なローチェア、スノーピークとは一味違って、なおかつオシャレなものをが探してみました。

 

そんななか見つけたのが、オンウェーのコンフォートローチェアです。 

キャンプはもちろんリビングにも使えそうな雰囲気です。

 

ちなみに今回私が買ったのは、アウトドアショップの山渓との限定コラボモデル です。

 

※2018年9月28日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年2月27日に再度公開しました。

 

 

コンフォートローチェアとは

紹介

コンフォートローチェアとは、オンウェーから販売されている商品です。

一般的な椅子と比べて座面の低い、いわゆるローチェアで、キャンプシーン等で持ち運びしやすいように折りたたむことが出来ます。

 

ちなみに、オンウェーとはデザインの優れた様々な折りたたみイス、折りたたみテーブルを展開しているブランドです。

特に、軽量で携帯に優れるアルミに力を入れています。 

公式オンラインショップにはイスをはじめとした、様々な商品があります。

 

私の住んでいるところでは、オンウェーの椅子を置いているお店がありません。

見た目だけを頼りにネットでで注文しました。

正直、座り心地まではあまり期待していませんでしたが、良い意味でとても期待を裏切ってくれました。

 

スペック

商品名 コンフォートローチェア オンウェー×山渓
機能 折りたたみ
サイズ:使用時 約幅60.5x奥行82x高さ75cm
サイズ:収納時 約幅60.5x奥行16x高さ72cm
サイズ:座面高 約30cm
カーキ
重さ 3.5kg
耐荷重 100kg
材質 フレーム:アルミ合金 座面:帆布 ひじ掛け:竹集成材
価格 約10000円

 

コンフォートローチェアはスタンダード版以外にも、コラボによっていろいろなバージョンがあり、それもまた魅力です。

ただ、コラボ商品は不定期で展開されるので、お探しの方は気をつけてください。

 

 

ここが良い

座り心地が最高で寝れます

ローチェアであるからこその座面高30センチ。そして画像を見てもらえればわかる通り、角度のついた背もたれ。首のところをちょうど支えてくれるクッション。

この三点が織りなす心地よさは、折りたたみ椅子の枠にとどまりません。 

体を深くあずけるように座ることができ、はっきり言って寝れます。

コンフォートローチェアの画像

ゆったり座れます

私の身長は170センチですが、170センチ以下の方はもちろん、180センチぐらいの方でもしっかりと体をあずけることができると思います。

 

キャンプでの使い方

キャンプでは食事をする、作業をするというよりも、ただただまったりする為のイスって感じです。

焚火を眺めたり、星空を眺めたりっていう使い方ですかね。

ロースタイルの画像

ロースタイルはこんな感じ

 

リビングでも馴染む

リビングでも馴染みます。

室内の使い方としては、映画やテレビを見るのに最高の角度ですね。

そのかわり、前傾になりたいゲームとかには向かないかも…。

まったり系のゲームならアリですが、ガッツリのアクションとかは姿勢が苦しくなるかもしれません。

 

 

ここが悪い

携帯性が悪い

素晴らしい商品なのですが、1つだけ残念なポイントが…。

折りたたんでも、大きい…。

コンフォートローチェアの画像

持ってみるとこんな感じ

自宅やベランダで使うぶんには良いですが、キャンプやアウトドアでは携帯性の悪さが目立ちます。

 

スノーピークのローチェ30にように、収束出来るイスや、ヘリノックスのように、分解・組み立て出来るイスと比べると、どうしても携帯性に難があります。

ただ、その分イスを設置するのは広げるだけで一瞬なので、一長一短と言ったところでしょうか。

 

座面が伸びる

これは悪いというよりも、仕方ないことかもしれませんが、座面が伸びます。

コンフォートローチェアの画像

結構ダルダルに…

いくらしっかりしててもキャンバス地だからでしょうか。

ちなみに購入して半年ですけど、伸びちゃってます。

でも、クレームはないです。

なぜなら、この半年間毎日自宅で使っているから。

あくまでも、折りたたみイスですし、アウトドア用のイスですから、毎日使ったら生地が伸びるのも当たり前かもれません。

 

ちなみにコチラの記事でも書きましたが、スノーピークのローチェア30の座面は縫製部分から破けてしまいました。

あくまでも非日常のアウトドアチェアなのでしょう。

 

ただ、伸びたのを放っておくのも気持ち悪いので、なんとか伸ばそうと頑張ってみました。

良ければ読んでみてください。

www.sokonoasai.com

 

お尻が寒い

冬を迎えて初めて分かりましたが、お尻が寒いです。

いや、室内で使ってますよ。それでも寒い。

もう北海道は雪降ってますから外では使いません、というか使えません。

 

なんだか底冷えするって感じですかね。

冷たい木のイスに座るような感覚でしょうか。

いろんな対策を考えていたところ、なんと専用のクッションが販売されているではありませんか!

www.onway.jp

残念ながら、すでに売り切れ…。

そして、もしかしてイスとのセット販売限定…?

昔のファミコンソフトの抱き合わせ商法を思い出します。

 

なんだか色々と悔しいところがありますが、とりあえずは次回の販売を待とうと思います。

 

 

まとめ 

良いところも悪いところも書きましたが、すごい良い商品だと思います。

一応、用途はアウトドアですが、インドア派の方にもおススメしたいですね。

きっと後悔しないと思いますよ。

 

外でも、家でも使えて、かつオシャレで、さらに実用的な椅子をお探しの方、考えてみてください。