DOOR

ソトとナカのモノやコト

アクアリウム・水草水槽の初心者には、ADAの「佗び草」がおススメ。

 

観葉植物が好きで、色々な観葉植物を育ててみたいと考えています。

観葉植物とひとことで言ってもかなりの種類がありますが、今回目をつけたのはアクアリウムです。

アクアリウムで水草を育ててみたいと思い、 ADA佗び草を購入してみました。

比較的簡単に、水草水槽やアクアリウムを始めることが出来ますよ。

佗び草の画像

ADAの佗び草と水槽です

  

※2018年9月16日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年3月18日に再度公開しました。

 

 

侘び草とは

佗び草とは、水草を苔玉のような土に寄せ植えした、簡単に水草栽培ができるADAの商品です。

一般的には水草を育てる為には、土やソイルを敷いた場所に、植え込む必要があります。

ですが、佗び草の場合は、水槽の土やソイルにポンっと置くだけ、場合によっては何も敷かずに、水槽に直置きでも水草の栽培が出来ます。

機械でろ過するなどの世話もまったく要りません。

また、管理は難しくなりますが小魚も数匹ですが飼育することができます。その場合も機械の必要はありません。

 

佗び草だけで、簡単に水草水槽やアクアリウムを始めることが出来ます。

 

ちなみにですがADAとは、アクアデザインアマノの略で、アクアリウムのメーカーです。

センスが良い商品が多く、アウトドアでいうところのスノーピークみたいな存在だと勝手に思っています。

商品はかなり高価なモノもあるので、ここら辺もスノーピークっぽいです…。 

ちなみに、無料のカタログが人気すぎて、ネットオークションに出品されたことをきっかけに、カタログが有料販売になってしまったという逸話があります。

人気の凄さが伺えます。

 

 

ここが良い

水草、アクアリウム初心者におススメ

なにしろ簡単に、そしてオシャレに水草栽培が出来ます。

さらにADAの水槽を使えば言うことなしです。

 

特にオシャレなのは水上葉での育成。

ちょっと細かくなりますが、水草には水中葉水上葉があります。

水中葉とは、水草を全て水中にいれて育てる方法です。

水上葉は、水草の葉の部分だけを水中から出して育てる方法です。

 

この侘び草は水中でも水上でも育てることが出来ますが、オシャレに見えるレイアウトは水上葉だと思います。

 

ただ、水上葉は水中葉と違って気を付けないことがあります。

それは湿度です。

やっぱり水草なんで乾燥にとても弱いです。

たっぷりの霧吹きなど、湿度と乾燥に気をつけなくてはいけません。

 

 

ここが悪い

水上葉が難しい

先ほども、水中葉と水上葉のことを書きましたが、体感として水上葉の育成が難しいです。

ちなみに、こちらの画像は水中葉なんですが、実はこの水槽が割れてしまいました。

佗び草の画像

水中葉での育成はこんな感じ

その後、新たな水槽に変えたことをきっかけに、水上葉での育成を試してみました。

佗び草の画像

水上葉での育成を試みましたが…

しかし、水上葉での育成を始めてから、どんどん元気がなくなってしまいました。

水上葉での佗び草の育成

水上葉での育成の結果こんな姿に…

結局、水上葉での育成をきっかけにほぼ全滅しかけてしまいました。

もちろん、全滅の原因は私の育て方が下手くそだっただけで、佗び草は悪くありません。

ただ、やっぱり水中葉の方が簡単だったと思います。

 

ちなみに、ほぼ全滅しかけた佗び草は牡丹餅のような状態までいきましたが、なんとかコレぐらいには復活することが出来ました。

 

苔が発生しやすい

どうしても、苔が発生しやすいです。

しかも、かわいい苔じゃなくて、アオミドロみたいなかわいくない苔です。

かわいくない苔があっても良いよという方以外は、ちょっと気になるかも…。

機械や難しいお世話などが必要ないお手軽さがウリなので、仕方ないかもしれません。

 

なるべく苔を生やさない為には、太陽ではなく照明で育てたり、水を取り替える頻度を増やしたり、ある程度の世話がどうしても必要になってきます。

 

もしくは、いっそのこと機械でろ過するとか…。

 

「じゃあ侘び草って簡単じゃないじゃん。」という声が聞こえてきそうですが、結局は自分がどれくらいで満足出来るかなんです。

ある人にとっては簡単ですが、ある人にとっては手間のかかるものになってしまうということです。

 

ちなみに私はまったく苔を気にしていません。

開き直ると楽ですよ。

  

 

まとめ

色々言いましたが、水草やアクアリウムのエントリーモデルと考えれば、とてもいい商品だと思います。

 

人と違った観葉植物が育てたい人、水草水槽を始めたい人、侘び草がおススメです。

 

 

追記

実は、その後佗び草は崩壊してしまいました…。

枯れた訳ではないですが、本体の苔玉みたいなものが崩れてしまいました。

私の育て方が悪かったのでしょうか、結構ショックです。

www.sokonoasai.com

この失敗を生かして、実際の経験からのおススメできる育て方を紹介しているので、良ければご覧になって下さい。