DOOR

indoor and outdoor

-RECOMMEND-
-ENTRY-

コーデックス、ビザールプランツを育てる。初心者にはアデニウム・アラビカム。

 

コーデックス、またはビザールプランツという言葉、ご存知でしょうか。

植物の種類というかジャンルみたいなもので、コーデックスは日本語で「塊根植物」と言い、ビザールプランツは「珍奇植物」と言います。

 

色々な観葉植物を探すなかで、コーデックスとビザールプランツを知り、その不思議な魅力に取りつかれています。

比較的珍しい品種が多いようですが、ついに店頭で見つけました。

 

それは、アデニウム・アラビカムという植物です。

アデニウム・アラビカムの画像

アデニウム・アラビカムです

育てるのが難しいと言われる、コーデックス、ビザールプランツのなかでは比較的育てやすいようで、一応は初心者用的な立ち位置にいます。 

 

※2018年5月17日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年4月16日に再度公開しました。

 

  

アデニウム・アラビカムとは

概要

アデニウム・アラビカムとは、アラビア半島を原産とした、多肉植物の仲間です。

ちなみに「砂漠のバラ」という通称があり、ピンク色の花を咲かせます。

 

ちなみに、買った場所は中川政七商店でした。 www.yu-nakagawa.co.jp

鉢も入れて、8000円程だったはずです。

 

育て方

砂漠のバラと呼ばれるように、砂漠のような環境に適した植物です。

ですので、寒さには弱く、暑さには強いです。

 

夏は、なんなら外に出して雨ざらしでも大丈夫なようです。

ただ梅雨の時期は長雨に気をつけましょう。

気温が10度を下回るようになれば、室内に入れるなどの対策をしましょう。

 

冬は、葉を落として休眠すれば、水やりの必要はありません。

ただ、室内が暖かく葉っぱが残っていれば、月に1回ぐらいは水やりしましょう。

 

年間通してなるべく日光に当てて、なるべく乾燥気味で育てましょう。

そのほうが、幹がずんぐりとしてカッコよく育ちます。

 

  

ここが良い

見た目が面白い

なんとなく中川政七商店に入って、思わずひとめぼれしてしまいました。

ちょうどビザールプランツを探していたので運命的な出会いを感じて即決でした。 

 

植物は生き物なので、同じ植物と言えど形は様々です。

私の購入したアデニウム・アラビカムは根が空洞になっていて、そこも面白いかなと思っての購入でした。

アデニウム・アラビカムの画像

ちょっとラピュタっぽい

あと、植木鉢も有名な焼き物の産地で作られたもののようです。

思い出せないんですけど…。

 

 

ここが悪い

育て方が難しい

比較的育てやすいアデニウム・アラビカムですが、それでもデリケートなようです。

色々しらべてみると、馴れた方でも枯らすことがあるそうな…。

 

ちょっと水を上げすぎたりすると、すぐ枯れ始めます。

アデニウム・アラビカムの画像

なんとか先っぽで進行は止まりました

あと、普通の観葉植物よりも成長が遅いんですね。

毎日の成長を目にして、それを楽しむみたいに感じられるのかが不安ですね。 

 

 

コーディネート 

スツールの上に飾ってみました。  

アデニウム・アラビカムの画像

シックな感じです

雰囲気的には、モダンとかミッドセンチュリー的なインテリアに合うんじゃないでしょうか。 

逆に、ナチュラルテイストとか北欧家具にはちょっと合わないかも…。

鉢にもよりますが。

 

 

まとめ

アデニウム・アラビカムは部屋の雰囲気にピッタリです。 

ほかのコーデックス、ビザールプランツももっと欲しくなってしまいました。

 

一味違った観葉植物をお探しの方、コーデックス、ビザールプランツを育ててたい方、まずはアデニウム・アラビカムがおススメです。

 

 

追記①

初めての冬を前に、枝が腐ってきちゃいました。

水の上げすぎが原因だったのでしょうか…。

www.sokonoasai.com

とりあえず応急処置として、剪定しました。

この先が不安です…。

 

 

追記②

その後、無事に復活しました。

www.sokonoasai.com

いやー、安心しました。

結構、高かったですからね。

これからも枯らさないようにしたいと思います。