DOOR

ソトとナカのモノやコト

折りたたみイスで有名な、ローチェア30とニーチェアXをスペック比較。

 

1人用のイスを探しています。

映画を見たり、ゲームをしたり、本を読んだり、インドアな私にとってイスはとても重要です。

ソファはありますが、子供に占領されてたり…。

自宅の広さを考えて、折り畳みが出来るイスを探していますが、自分の趣味とピッタリ合うのはなかなかありません。

 

色々探したなかで何とか辿り着いたイスが2脚あります。

それは、ローチェア30 ニーチェアXです。

 

※2017年9月21日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年9月3日に再度公開しました。

 

  

ローチェア30とは

 

商品名 ローチェア30
サイズ/展開時 約幅58×奥行65×高さ86cm
サイズ/収納時 約幅16×奥行18×高さ101cm
サイズ/座面高 約30cm
材質/フレーム アルミニウム合金
材質/シート ポリエステル
材質/ひじ掛け 竹集成材
重量 3.6kg
カラー ブラウン/ベージュ
価格 約16000円

 

アウトドアブランドのスノーピークが販売しているのがローチェア30です。 

スノーピークはオシャレなアウトドアブランドで、このイスもオシャレです。

キャンプ用のイスとして使うことが想定されていますが、室内使いをされている方も多いようです。

もちろん、私も室内使いを想定しています。

 

見た目的には、背もたれが高いハイバックです。

実際に座ってみると、体を預けるようなリクライニングチェア的な使い方よりも、テレビを前にゲームしたり、映画を観たりするのに向いてると思いました。

座面の高さも低めなのが、テレビとの関係が良い理由だと思います。

また、読書するときなどにも背もたれの角度がちょうど良いです。

ちなみに、ローチェアクッション プラスという、ヘッドレストや腰当になる商品も販売されています。

インドア生活がよりはかどりそうです。

 

個人的には、私の幼稚園生の子供がお店で座りやすそうにしていたので、子供用にも良いかなと思います。

あれ、結局占領されそう…。

 

 

ニーチェアXとは

 

商品名 Ny chair X ニーチェア エックス
サイズ/展開時 約幅60×奥行80×高さ84cm
サイズ/収納時 約幅15×奥行80×高さ84cm
サイズ/座面高 約34cm
材質/フレーム スチール
材質/シート コットン100%
材質/ひじ掛け ブナ無垢材
カラー ブルー/ホワイト/キャメル/レンガ
価格 約35000円


株式会社藤栄
が販売するのがニーチェアXです。  

NY近代美術館(MoMA)にコレクションされている、新居猛さんがデザインしたイスです。

 

見た目にも分かるように、ローチェア30と同じようにハイバックです。

ただ、角度は緩やかです。

実際に座ってみると、まさにリクライニングチェア的な使い方になると思いました。

ロッキングチェアのような、ニーチェアX ロッキングという商品もあり、そちらだとよりリラックス出来ると思います。

ちなみに別売りにオットマンもあります。

一度だけ渋谷のロフトに展示してあったのを座ったことがありますが、かなり角度があって、寝るのにいいなっていう印象でした。

 

 

メリット・デメリット

ローチェア30

〈メリット〉

・作業に向いてる、ゲーム、読書など。

・ニーチェアXに比べて値段が半分ほど。

・キャンプで使うことを念頭に置かれているので、収納性や携帯性に優れている。

 

〈デメリット〉

・背もたれにもたれ掛かって寝るような使い方は不向き、また背もたれの高さもニーチェアXに比べて低い。

 

 ニーチェアX

〈メリット〉

・色違いなどの別仕様が豊富。

・背もたれの角度や長さが、体を預けるのにとても丁度良い。

 

〈デメリット〉

・作業は出来るが、寝てしまいそう。

・折りたたみは出来るが、ローチェア30と比べると収納性や携帯性には優れていない。

・値段が2倍する。

 

 

まとめ

私のなかで、ローチェア30の1番のポイントはキャンプでも使えるということですね。

ケチ臭いので2wayみたいのがとても好きなんですが、キャンプでも使えてリビングでも使える2wayに惹かれます。

 

ニーチェアはキャンプで使うようには作られていませんが、ベランダとかなら全然ありって感じです。

でもニーチェアの魅力はそこじゃなく、ニューヨーク近代美術館のMoMAに所蔵されているということでしょう。

権威主義的なところがある私は、「誰もが認める価値」に目がないです。

誰もが認める優れたデザインの家具を持つ喜びがニーチェアXの1番の魅力かもしれません。

 

追記

最後まで迷いましたが、結局スノーピークのローチェア30を購入しちゃいました。

ローチェア30の画像

キャンプで大活躍です

決してニーチェアXがダメだった訳ではありません。

スノーピークに決めた理由は、キャンプ道具だからです。

子供の為にキャンプを始めたので、キャンプに使えて、リビングにも使えるという、そのコスパの良さに惹かれての購入です。

決して安くない買い物ですから、コストパフォーマンスに優れた商品の方が良いですしね。

キャンプにもリビングにも使えてとても満足しています。 

ただ、いつか必ずニーチェアXは買えたらいいなと思っています。

 

ローチェア30に関しては、よろしければコチラの記事をご覧になって下さい。